美と健康のコンサルタント
イワイ薬局
イワイ薬局・薬のイワイへようこそ!

健康相談・体質改善・漢方治療
イワイ薬局 092-926-3011
薬のイワイ 092-926-8289

トップ > 十六諸病と基本薬|07 蓄膿症

7番 蓄膿と治療法 ホノミビスキン

蓄膿症はアレルギー症状から発生します。鼻の上の方にある副鼻腔の所でアレルギー反応をおこしている、 さらに分泌物が多くなり、さらに菌がついて化膿し、膿がたまる。鼻の奥になぜ鼻腔があるのかははっきり しません。ただ 蓄膿を改善するために絶対に必要なことは胃腸を大切にし、水をとりすぎたり、 冷やしたりしないことです。流れについて考えてみましょう、鼻から空気が入ってのど、気管、肺に行って、 肺から、気管、のど、口にもどって来ます。 鼻がとおりが悪いと苦しいですね、口から空気を入れなければ なりません。口、のどの具合が悪くなり、呼吸によくありません。良い流れから考えると、蓄膿症を治すというよりも鼻の所のとおりを良くすることが大事です。
**** 蓄膿症は胃をこわすと絶対なおりません****

鼻の治療のマスター薬 ホノミビスキン

蓄膿症を中心とする鼻疾体質の改善薬
ホノミビスキンは、蓄膿症といった鼻づまりの苦情を改善するために考え出された生薬製剤です。

『効能。効果』
蓄膿症(慢性副鼻腔炎・上顎洞※1化膿症)、急性副鼻腔炎(急性上顎洞炎)、急性・慢性鼻カタル※2、鼻茸※3の初期  ※1 上顎洞:副鼻腔のひとつです。  ※2 鼻カタル:鼻炎のことを示します。  ※3 鼻茸:鼻腔や副鼻腔にできるキノコのような突起物(コブ)のことを示します。

十六諸病と基本薬|メーカーサイト

01.胃腸病09.肝臓病
02.咳、喘息10.神経痛
03.糖尿病11.風邪病
04.女性病12.皮膚病
05.便秘症13.高血圧症
06.痔疾患14.虚弱雑病
07.蓄膿症15.眼病
08.腎臓病16.神経症
十六諸病と基本薬一覧表
十六諸病の基本薬解説図
ページのトップへ戻る